社会科教育ゼミ

ゼミ誌「夢さ志」について


「夢さ志」は、「むさし」と読みます。

 私が北海道教育大学旭川校から文教大学に赴任してきた2010年4月は、東京スカイツリーがまだ建設中でした。研究室の窓から毎日眺めていると、少しずつですが高くなっていくのがわかります。最先端の技術を使って建設しているのでしょうが、

「ローマは一日にして成らず」

毎日の地道な積み重ねによって、出来上がっていくものなんだと思わされました。

 

 北海道の時と同じく、ここでも「ゼミ誌を出す!」と決めたときに、学生たちに何とか「日々の地道な積み重ねが大切であることを伝えられないか」、「だから、スカイツリーに因んだ名前にできないか」ということで選んだのが「むさし」でした。634メートルという高さに因むものであると同時に、文教大学が昔の国名でいえば「武蔵の国」にあるということで、ぴったりの名前だと思いました(自画自賛)。さらに、若者らしい生き方をしてほしいという思いで「夢」という字と「志」という字を選びました。

 

 ゼミ生のみなさんは、「夢さ志」に成長の跡を刻みつけていってください。

 卒業生のみなさんは、疲れたときには「夢さ志」に原稿を寄せていたころのことを思い出して元気を取り戻してください。

 



ダウンロード
第1号 2010年9月
北海道からこちらへ越して来るまで;母の死
2010_1_ゼミ誌.pdf
PDFファイル 642.6 KB

ダウンロード
第2号 2011年2月
小学校時代の恩師などが亡くなったこと;愛犬プーちゃんの死
ゼミ誌2号巻頭言.pdf
PDFファイル 247.3 KB

3号と4号の原稿が見つかりませんでした。

 

 右の写真は毛呂山町の流鏑馬神事です。2011年に撮影しました。



ダウンロード
第5号 2012年9月
もっと英語力を;読書の勧め
ゼミ誌5号巻頭言(吉田).pdf
PDFファイル 411.9 KB

ダウンロード
第6号 2013年2月
馬酔木のこと;卒業する4年生(大塚さん、清家さん、関根君、中込さん、山崎さん、山本君)へ
ゼミ誌6号巻頭言_2013_1.pdf
PDFファイル 423.8 KB

第7号のための原稿も見つかりませんでした。



ダウンロード
第8号 2014年2月
卒業する4年生(磯野君、榎本さん、越智さん、作間さん、下川君、菅野さん、高田君、龍田さん、土田君、津村君)へ
ゼミ誌8号巻頭言_2014_3.pdf
PDFファイル 260.7 KB

ダウンロード
第9号 2014年9月
『夢さ志』の来歴と目的;吉田の論文「社会科伝統・文化学習の展開と構築」のまえがき
ゼミ誌9号巻頭言.pdf
PDFファイル 395.2 KB

10号から12号までの原稿も見当たりませんでした。



ダウンロード
第13号 2016年2月
『夢さ志』の目的再掲;吉田の論文「社会科伝統・文化学習の展開と構築」の前書き、再掲
ゼミ誌13号巻頭言.pdf
PDFファイル 400.0 KB

ダウンロード
第14号 2017年2月
ゼミのピンチをチャンスに変えよう!;どんなことをやりたい人に来てほしいか
ゼミ誌14号巻頭言.pdf
PDFファイル 374.2 KB

ダウンロード
第15号 2017年9月
少ない人数にも拘らず、ゼミ誌を出してくれた3年生に感謝。この夏の諏訪旅行について、ちょっと書いた後、ずっと書き続けている「『社会科伝統・文化学習』の転回と構築」の「はじめに」の部分だけを紹介。この論文の目的と問題意識は、およそ次のようなものです。
Ⅰ 問題の所在
 本論の目的は、明治期の国民国家形成について、生徒の認識を拡大・深化できる「授業書」(中学校社会科歴史用)を開発することである。ここでいう認識の拡大とは、文化、なかんずく音楽・美術を国民国家の形成と結びつけて見ることのできる視点を習得することである。また認識の深化とは、明治政府が音楽・美術政策を積極的に進めた理由を説明できるようになることを意味している。
 こうした視点(の育成)は、従来の社会科教科書・授
ゼミ誌15号巻頭言.pdf
PDFファイル 589.0 KB