小学校6年生

6年生の学習内容は、大きくは歴史的なものと公民的なものになります。公民的なものをここでは便宜的に二つに分けてみました。

歴史的なもの

縄文時代から近・現代までを学びます。

ただし、通史ではありません。例示された42人の歴史的人物が時代的状況の中で、どのようによりよい社会を創り出そうとしたかを文化財などを手がかりにして学びます。

わが国の歴史と伝統に対する愛情を育みたいというのが学習指導要領のねらいになっています。

公民的(国内)

民主主義政治の理念や仕組みを学びます。根幹にあるのは、日本国憲法ですから憲法とその憲法に基づいて政治を行うための仕組みについて学びます。

但し、災害を防ぐためにどうするか、社会保障をどう実現していくかなど、具体事例を取り上げて学習を進めます。単に憲法理念を暗記させるものではありません。

公民的(国際)

近年の社会の動きは、グローバル化と情報化と端的にまとめることができるでしょう。5年生の産業学習の中で、情報化を取り上げ、6年生でグローバル化を取り上げます。

この時、単にグローバル化が進んだという事実認識にとどめず、異文化を持った人々とどう共生していくかなどについて深く考えさせることが、学習指導要領のねらいとなっています。



ダウンロード
武士の世の中へ(小6 歴史)
竹崎季長の蒙古襲来絵詞を教材として、歴史的思考力を伸ばそうとしたもの。
すなわち、
「歴史的思考力」を育成するために、以下の三点を取り入れた学習内容とした。
・単元全体を通した絵画資料の活用
・吉田正生の「政治・事件史的視点」「経済・社会的側面」「民族的・心性史的視点」「地理・ 環境的側面」の4つの視点のうちいずれかを読み取る。
・描きての意図や読み手の意図を読み取る活動
2015_haru_tawarahoka.pdf
PDFファイル 951.8 KB

ダウンロード
開国か攘夷か(小6歴史)
意思決定力を育成するのが社会科であるという立場に立ってつくられている指導案であるが、まだまだ工夫の余地がある。
小6ー「開国か鎖国か」.pdf
PDFファイル 348.6 KB

ダウンロード
「荻野吟子に学び、よりよい未来のための意思決定をしよう」 (歴史&公民)
渡部琴絵が作成した。
単元の目標は次のとおりである。
・荻野吟子やその周囲の人々について調査したり、資料を活用したりして調べ、社会のし くみが私たちの生活に大きく影響していることを理解する。
・様々な視点に立って考えることで自分の持つ価値や価値観に気づき、歴史的な事実をも とに、現代の問題やこれからの自分の生き方について考える。
・民主主義社会の主権者として、社会の変化や課題に対して、合理的な判断を行い、将来、 他者と共に生きていくために適切な社会的行為を選択していく意思決定力をつける。
渡部_指導案(小6:歴史&政治) .pdf
PDFファイル 638.4 KB

ダウンロード
「女性専用車両に賛成、反対?」(人物学習&ジェンダー)
国語専修の学生が、吉田の講義「社会科教育Ⅱ」で作成し、模擬授業として実施したものである。渡部琴絵のものと同じく、荻野吟子を通じて明治時代の規範、そしてそれに基づく社会の仕組みについて学ぶことが目的の一つになっている。
小6 明治時代(人物学習&ジェンダー).pdf
PDFファイル 396.0 KB

ダウンロード
「メディアと社会のつながりを考える」 (歴史&公民)
岩井洋太が作成した。
知識目標は、次の2つである。
・アジア・太平洋戦争へ至った経緯を説明できる。
・規範が作り出されたものであることを理解し、規範が生み出す差別について説明でき る。
岩井_指導案(小6:歴史&メディア).pdf
PDFファイル 873.7 KB

ダウンロード
偏見を なくす なくす ための ための 国際理解教育    (国際)
濱崎ひかるが作成した「授業書」をもとに行った授業(1時間分)の指導案である。
浜崎_卒論(授業編).pdf
PDFファイル 288.1 KB

ダウンロード
「世界から日本のこれからを考える―日本に増える外国人」 (国際)
金子沙也加が作成した。
知識理解目標は、社会参画学習論により、次の通りであった:異文化をもった外国人が日本に様々な影響与えることを理解できるとともに、外国人とその周りの問題に対して「公・共・商・私」それぞれのできることを説明することができ る。
金子_指導案(小6:国際理解).pdf
PDFファイル 694.2 KB

ダウンロード
「自転車問題から見る法律」 (公民的:法学習)
大澤穂が作成した。
単元目標 は次のとおりである:法は多くの人が関わり、様々な議論がされて成り立ち、私たちの平和で安全な生活を守ってくれている重要なものであることを理解することができるとともに、法をそのまま受け入れるのではなく、批判的に見てよりよい法を考えることの大切さを理解することができる。また、法と日常生活を関連付けて自分の問題として様々な場面を考え、これから自分たちが気を付けることは何か考えることができる。
大澤_指導案(小6:憲法学習まとめ) .pdf
PDFファイル 330.3 KB

ダウンロード
「渋滞をなくそう」  (政治&環境)
田原が、環境教育の新しい動きとしてこれに着眼して授業開発を行った。
目標は、次のとおりである:過度の便利な自家用車への依存と町の交通システムの問題が渋滞を生み、社会へ悪影響を及ぼしていることを理解し、渋滞をなくすために人々は何をしているのかを知り、そのうえ で自分たちができることを考え、行動する態度を育む。
田原_指導案(小6:政治&環境学習).pdf
PDFファイル 640.0 KB