教材・資料

  驚くアフロディテ(大英博物館)



【基本文献】

別の箇所に書いたように、今、中学校社会科歴史教科書に見られるアイヌ民族関係記述は、それが教科書に初めて登場した昭和50年ごろのものに比べるなら、格段の進歩を遂げたものになっている。なぜ、そのような進歩を遂げたのか。歴史学における研究の深化、そしてその深化したものを教科書編集者や執筆者たちが記述内容に反映させたからである。

          以下に、次の4種類の文献(一部)を挙げる。

 

<昭和50年代の中学校社会科歴史教科書に影響を与えたと思われる文献>

  • 井上司 1978 『地域・民族と歴史教育』岩崎書店

    学校図書の昭和56年版は、明らかに井上の時代区分に従っている。井上は北海道の高校

   の教諭であり、また道歴教協の会長も務めた人物である。安井俊夫(千葉歴教協)などを執

   筆者にしていたこの時期の学図の教科書は歴教協の会員やそのシンパをターゲットにしてい

   たと思われる。

  • 海保嶺夫 1979 『近世の北海道』教育社(新書)

    日本書籍の昭和58年版に大きな影響を与えたと思われる文献である。

 

<深化に貢献したと思われる文献>

  • 菊池勇夫 1991 『北方史のなかの近世日本』校倉書房

   日本史の中で、アイヌ民族は「まつろわぬ人々」としてあるいは「遅れた人々」として政権

  に組み込まれていく人々として記述されてきた。菊池はその視点を逆転して日本史の中に「日

  本人側の行為をアイヌ民族の視点から見るとどうなのか」というスタンスに立ってこの本を書

  いた。

  • 浪川健治 2004 『アイヌ民族の軌跡』山川出版社(日本史リブレット)

   大和朝廷、江戸幕府などその時々の中央政府に視点を据えた「日本史」ではなく北から南に

  連なる「列島弧」に生きる人々を同等に取り上げようとすると「日本列島史」になる。浪川

  は、アイヌ民族をこの「列島弧」の北の主たるアクターととらえ、松前藩との関係だけでなく

  千島、サハリン、中国本土とも交易していた民族ととらえた。すなわち、アイヌ民族を縄文時

  代人的な「狩猟と漁労、採集経済」の民族とせず、「中継交易」の民と捉えたのである。この

  アイヌ民族観は、平成17年版以降の各社のアイヌ民族関係記述に反映されている。


【読み物】

ダウンロード
越谷だるま(伝統産業)
小学校4年生の伝統産業の学習に使用できる。
  平成22(2010)年度、遠藤悠弥が卒論作成のために、越谷市史などの文献から知ったこととだるま職人さんから聞き取ったことをもとに作成したもので、子ども向けの読み物資料を作成するために使える。
越谷だるま(文献と聞き取り).pdf
PDFファイル 4.5 MB

ダウンロード
越谷市の歴史(1)
「広報こしがやお知らせ版」(平成29年11月号)に掲載された「越谷今昔物語:第一話 越谷駅とその周辺」をPDF化して載せたもの。
 東武鉄道が敷設された当初は、現在の越谷駅はなかった。でも「越ヶ谷駅」は、存在した。では、現在のどこが、そもそもの「越ヶ谷駅」だったのか。それがわかる記事である。
 ただ、残念なことに東武線についての記述が少なく、いつ現在の東武伊勢崎線が敷設されたのかについては触れられていない。続きものなので、いずれそのことにも触れる記事が出るのだと思う。楽しみにして待ちたい。
越谷の歴史(1).pdf
PDFファイル 517.7 KB

ダウンロード
越谷市の歴史(2)
「広報こしがやお知らせ版」(平成29年12月号)に掲載された「越谷今昔物語:第二話 葛西用水と赤水門」をPDF化して載せたもの。
 葛西用水といわれても、越谷市に昔から住んでいる人や農業関係者、釣り大好き人間以外にはわからないかもしれない。でも、中央市民会館のすぐ横にある瓦曽根溜井がその水源だというと、どの辺にあるか見当がつくと思う。越谷市は瓦曽根付近一帯を親水公園にしようと整備しているように思われる。
越谷市の歩み(2).pdf
PDFファイル 570.7 KB
ダウンロード
川越の観光(伝統・文化)
小学校4年生のまちづくり学習及び「伝統・文化」学習の教材として作成されたものである。
社会参画学習論の立場に立ち、公=市役所、共=シルバー人材センター、商=観光協会などがそれぞれどのようなことか、聞き取った結果をまとめたもの
神田絢香による「川越の観光」調べ.pdf
PDFファイル 223.4 KB

ダウンロード
コンビニの環境対策(その1)
小学校4年生の「ゴミの学習」を取り上げた卒論作成のために行ったコンビニ関係者へのインタビューである。ファイルが大きすぎたために3つに分けた。
コンビニの環境対策(その1).pdf
PDFファイル 7.6 MB

ダウンロード
コンビニの環境対策(その2)
ここには、ローソン本社の方に行ったインタビュー記事が載っている。
コンビニの環境対策(その2).pdf
PDFファイル 8.1 MB

ダウンロード
コンビニの環境対策(その3)
(その1)がお店で働く方、(その2)が本社で働いている方、そしてここはそれらをまとめたものである。
コンビニの環境対策(その3).pdf
PDFファイル 3.0 MB

ダウンロード
荻野吟子(明治期;ジェンダー)
ゼミ生だった山﨑愛理が卒論のために作成した読み物資料と授業資料である。
小学校6年生の「歴史人物学習」で使用することが想定されている。
荻野吟子(山﨑愛理).pdf
PDFファイル 1.1 MB